So-net無料ブログ作成
検索選択

「県外」は努力したい思い 首相 普天間発言で反論(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり「最低でも県外」としていた自身の発言について、「努力をしたいという思いで今日まで行動してきた。場当たりな発言は一切していない」と反論した。首相公邸前で記者団に答えた。

 その上で「『沖縄の負担軽減のための米軍再編見直しを行いたい』というのが公約だ」と述べ、飛行場の県内移設は公約違反ではないとの考えを重ねて強調した。

 首相は、5日に平野博文官房長官と公邸で約2時間にわたって今後の対応を協議。5月末の決着に向けて、県内移設で地元の理解を得るよう引き続き努力する方針を確認している。

 首相は野党時代、民主党代表として「最低でも県外の方向で積極的に行動したい」と繰り返しアピールしていたが、4日の沖縄県訪問の際には、「海外という話もなかったわけではないが、すべてを県外というのは難しい」と撤回した。

 これに対し、稲嶺進名護市長らが県内移設を拒否する考えを首相に表明した。

 政府は移設先を日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)とする現行案を修正し、徳之島へのヘリ部隊の一部移転を組み合わせる案を固めている。首相は7日に鹿児島・徳之島の3町長と会談する予定だが、3町長とも移転反対を表明する方針だ。

子宮頸がんワクチンの認知度、「発売後」は3倍に(医療介護CBニュース)
<石清水八幡宮>篝火御影を公開 元襲来で祈願? 京都(毎日新聞)
俳優の佐藤慶さん死去(時事通信)
たこ焼き 爪楊枝か、割りばしか…食べ方いかに?(毎日新聞)
2010年の子ジカ第1号が誕生=奈良〔地域〕(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。